ファイツの草Zブログ

更新頻度は低めですが主に大会などで結果を残した構築を紹介していきます。

ポケモンジャパンナショナルオンライン2020(PJNO)ベスト32 ランクマ(ダブル)S7 レート1900達成 使用構築 マンムーゴリラ式スイッチトリパ

こんばんは、ファイツです。久々のブログ更新ですがそもそも剣盾になって初の構築記事になります。(ROMの名前バレ防止やワンチャンJCSで改良版を使うかもと思いINC予選はもちろん普段の仲間大会やランクマで強かった構築も公開していなかったため)

 

 ということで先日行われたPJNO2020で使用し、予選スイスドローを4-3で抜け、決勝トーナメント1回戦敗退のベスト32を達成した構築を紹介していこうと思います。

 

 

【使用構築】

 

f:id:faitu-poke:20200628214937j:image

 

この構築のコンセプトはPokémon-Icon 356 StSd.pngPokémon-Icon 468 StSd.pngまたはPokémon-Icon 812 StSd.pngを並べてトリル展開を作り、後ろのPokémon-Icon 248 StSd.pngダイマを切りサマヨールの地ならし+弱点保険バンギラスで暴れていったりPokémon-Icon 324 StSd.pngダイマックスを温存しながら噴火で場を荒らす戦術とPokémon-Icon 473 StSd.pngPokémon-Icon 468 StSd.pngから入り相手に合わせてどちらかをダイマックスして相手のポケモンを削り控えのPokémon-Icon 812 StSd.pngのグラススライダー圏内にして削りを入れたポケモンを処理する2パターンがあります。

他にも先発Pokémon-Icon 812 StSd.pngPokémon-Icon 324 StSd.png(最遅ドサイドン+1まで素早さを上げているのでブリムオンより上から攻撃出来る)で相手のPokémon-Icon 876a StSd.pngPokémon-Icon 858 StSd.pngの並びに対して猫騙し+熱風やダイアーク+熱風が出来たり後発Pokémon-Icon 812 StSd.pngPokémon-Icon 324 StSd.pngトリックルームを貼っていなくてもコータスの苦手な水ポケモンをゴリランダーで縛り、逆に打点が無いくさタイプや鋼タイプをコータスがみるというような全国ダブルでのガルドランの猫+熱風を思い出すかのような動きができて強かったです。

 

あとは使ったパーティを個別解説で詳しく説明していきす。

 

 

 

【個別解説】

 

    マンムー

 

 

      Pokémonsprite 473 StSd.gif

    

 

 

 性格:意地っ張り

 実数値:185-200-100-*-81-132

 努力値:0-252-0-0-4-252

 技構成:つららおとし/じしん/こおりのつぶて/まもる

 持ち物:きあいのタスキ

 

・ASぶっぱ 準速

 

今大会ではもちろんランクマですらあまり見ないことからこのパーティの推しポケ。

 

まず特性の鈍感で後出しガオガエンを許さず今の環境で確実にいるであろうバンドリドラパキッスに対して全員に弱点をつける所が優秀で採用した理由の1つにもなります。

他にもダイマックスで相手のポケモンを大きく削り、終わった後も削れたポケモンの処理を出来るのでダイマックスとの相性もいいです。

しかし、ドリュウズとの比較としてSが早くないので上からダイスチールを連打されると基本的にきついので地面タイプが刺さっている時(ドラパセキタンなど)やBO3で2本目以降で選出を変える時だけ出すようにしています。

 

この枠は大会直前まで悩んでいてホルードドリュウズミミッキュと色々考えた上で上記の理由も含めマンムーを選びました。

 

           

 

     トゲキッス

 

 

    Pokémonsprite 468 Schillernd StSd.gif

 

     

 

 性格:控えめ

 実数値:175-*-115-181-135-125

 努力値:116-0-0-196-0-196

 技構成:マジカルシャイン/ねっぷう/このゆびとまれ/まもる

 持ち物:ピントレンズ

 

 ・H 16n-1

・S 最速バンギ抜き

 

攻撃する時は常に急所を願って戦ってきたポケモン。言わなくても分かる通りこのルールにおいて欠かせない枠でトリルを貼る選出の時もサマヨールからの攻撃を守ったりトリルをしない選出の時も隣のアタッカーから守ったり場合によってはトゲキッス自身がダイマを切り相手のドラパルトや相性が不利なミトムやジュラルドンに対しても急所を期待しながら攻撃する場面もあり、とりあえず選出しても困らないくらいには強いです。

難しかったのはSラインをどうするかです。トリルに寄せてHC寄りのSに4振りや無振りのやつ、最速バンギ抜きの125、準速、最速などから直前までずっと悩んでましたが環境には襷などを持った早いバンギラスが多い印象だったので最速バンギ抜きにしましたが実際そういう場面が結構あり確実に上を取れるは強くてこのピント持ちのトゲキッスには正解だったと思います。

 

ちなみにこのパーティ唯一の色違いで実は今回の大会で準優勝したコウヘイさんに連れて行ってもらったレイド産の個体なので御利益があったかもしれません。

 

     ゴリランダー

 

 

        Pokémonsprite 812 StSd.gif

 

 

 

 性格:勇敢

 実数値:189-194-111-*-108-81

 努力値:108-252-0-0-144-0

 技構成:グラススライダー/はたきおとす/とんぼがえり/ねこだまし

 持ち物:いのちのたま

 

·H 10n-1(球の反動が最小になる調整)

·D 控えめ252振りシャンデラの熱風をダブルダメージで高乱数耐え 

·S 最遅

 

グラスフィールド&グラススライダーを習得して一気にトリル構築に入れやすくなったので即入れることに。とにかく火力が高くグラススライダーはもちろん猫騙しや蜻蛉も残りHPが少ないポケモンや抜群に対しては期待できるダメージが入ります。

 

素早さはサマヨと並べたときに相手のイエッサンに封印や高火力のワイドフォースをされたくなかったのでフィールドを取って猫騙しで止めれる最遅にしました。

 

技構成に関しては猫、スライダー、蜻蛉は確定としてラスト1枠に挑発を入れるか叩きでダイマックスした時にダイアークでドラパルトに対しても打点を持てるかのどちらにしようか悩んでいて結局叩きを採用しフルアタになりましたが実際PJNOであまり叩きは使わなかったのでこの構築を見ると誰もが思う通り欠伸やガオガエンの捨て台詞のサイクルがとても重いので瞬間的に抑えられる挑発を入れるべきでした。

 

 

     バンギラス

 

 

            Pokémonsprite 248 StSd.gif

 

 

 

 性格:意地っ張り

 実数値:201-200-141-*-120-79

 努力値:204-220-84-0-0-0

 技構成:いわなだれ/うっぷんばらし/ばかぢから/まもる

 持ち物:じゃくてんほけん

 

·HB B+2のB201ナットレイのボディプレスを(ダイマ後)高乱数で耐え

       B211コータスのボディプレスを高乱数で耐え

·S 個体値26

 

この構築1番のトリルアタッカー。基本的にトリル貼ってサマヨールと並べてちゃんと高火力を出せたら勝てます。よくあるのが相手の攻撃的なポケモンがこちらのサマヨ+バンギを並べた時に倒されないように一旦守り、隣をトゲキッスに交代したりガオガエンに引いたりしてバンギラスの火力を落としたりこの指などでダイマ技を吸ってくる動きがよくあるのですがその対策としていきなりダイマするのではなく一旦地ならし+雪崩を挟むことによって両方に高火力を押し付けられるのでどちらかが守られていても展開が有利になることが多かったです。

ちなみにS個体が26なのはS無振りバンギやS無振りの60族全般より下を取りたいけど極力最遅にはしたくないという意図の元、実数値79となる個体値になるように調整しました。

 

 

 

      サマヨール

 

 

 

             Pokémonsprite 356 StSd.gif

 

 

 性格:呑気

 実数値:147-75-185-*-162-27

 努力値:252-0-164-0-92-0

 技構成:ナイトヘッド/いたみわけ/じならし/トリックルーム

 持ち物:しんかのきせき

 

·HB HD 陽気or臆病玉ドラパのダイホロウを確定耐え

·S 最遅

       

 

安心安全のトリックルーム要因。耐久も他のトリル使いより優秀なのはもちろん特性のお見通しがBO3向けなのもあり入れ得でした。 しかしPJNOではトリル展開をしたいのに欠伸コータスカビゴンギガイアスなど色々トリルを貼ると不利になるポケモンが多く、キッス+アタッカーの並びを出す方がほとんどになってしまいなかなか選出しにくかったです。

それでもこのルールではクレセリア的なポジションでS1から永遠に使ってるほどには好きです。

 

 

 

      コータス

 

 

             Pokémonsprite 324 StSd.gif

 

 

 性格:控えめ

 実数値:173-*-160-150-94-41

 努力値:220-0-0-252-32-4

 技構成:ふんか/ねっぷう/だいちのちから/まもる

 持ち物:もくたん

 

·HD 控えめ252振り玉フシギバナの大地を56.3%の確率で耐え

·S 最遅40族抜き       

 

 

このルールにおいて全体技の炎打点はほんとに強くS1からずっと使い続けていて、いつしかこいつをヒードランだと思って使っていた所は正直ありました。

夢ゴリランダーが解禁される前まではフシギバナを入れないとソラビと大地のどちらを入れるかほんとに悩ましかったのですがゴリランダーが来てからは迷わず炎技2枠大地守るで完結しました。

素早さに関してはまずトリルを貼る時はコータスと素早さが同じもしくは付近のポケモンがあまり居ない状態での場合を想定してるのでそもそもそこまでSを落とすことにメリットがないと感じたのと逆にマンムーキッス裏ゴリラコータスと選出した時などに相手のサマヨやナット、コータスの上を確実に取れたりするので強かったです。

後はこれが1番Sを上げた理由なのですが冒頭でも言った通り相手のイエブリに対してコータスゴリラと投げてフィールドを取りつつブリムオンより上から猫+熱風やダイアーク+熱風が通ることが最大の強さでした。

 

 

 

【基本選出】

先発Pokémon-Icon 356 StSd.pngPokémon-Icon 468 StSd.pngorPokémon-Icon 812 StSd.png

後発  Pokémon-Icon 248 StSd.pngPokémon-Icon 324 StSd.pngorPokémon-Icon 468 StSd.png

 

先発Pokémon-Icon 473 StSd.pngPokémon-Icon 468 StSd.png

後発  Pokémon-Icon 812 StSd.pngPokémon-Icon 324 StSd.pngorPokémon-Icon 248 StSd.png

 

①はとりあえず様子見やトリルを通せそうな時に選出します。なのでBO3の1戦目はだいたい可能な限りこの出し方をしてサマヨのお見通しを存分に使って相手の持ち物の情報を得ます。

 

②は2戦目以降にトリルを貼るのが怪しくなった時やシャンデラストリンダーなどの地震+マジシャが通せそうな時に選出します。

しかしよく考えると相手のキッスドリュウズなどの並びに対して向こうはマンムー側にダイスチールが安定なのに対しこちらはキッスに氷技を打つかキッスの隣にダイアースを打つかまたは地震ダイマキッスで攻撃するかなど色々不利な択を押し付けられているのでドリュウズに限らずきつい場面が多くあまり選出したくなかったのですがPJNOでは選出せざるおえない場面がよくありそれによって勝てた試合ももちろんありましたが構築自体の見直しがもう少し必要だったかもしれないです。

 

【例外選出】

Pokémon-Icon 876a StSd.pngPokémon-Icon 858 StSd.pngPokémon-Icon 356 StSd.png(vsこの指トリル)

先発Pokémon-Icon 324 StSd.pngPokémon-Icon 812 StSd.png

後発 Pokémon-Icon 248 StSd.pngPokémon-Icon 356 StSd.pngorPokémon-Icon 468 StSd.png

先発 Pokémon-Icon 248 StSd.pngPokémon-Icon 473 StSd.png

後発Pokémon-Icon 468 StSd.pngPokémon-Icon 812 StSd.png

 

①は猫+炎技の構え、②は地震+弱保バンギで雪崩orダイマ技を通していく。

 

 

Pokémon-Icon 003 StSd.pngPokémon-Icon 324 StSd.png(vsバナコータス)

先発  Pokémon-Icon 248 StSd.pngPokémon-Icon 468 StSd.png

後発Pokémon-Icon 356 StSd.pngPokémon-Icon 324 StSd.pngorPokémon-Icon 812 StSd.png

先発Pokémon-Icon 324 StSd.pngPokémon-Icon 812 StSd.png

後発 Pokémon-Icon 248 StSd.pngPokémon-Icon 356 StSd.png

 

①は眠り粉などをキッスで受けつつ無理やりダイマバンギで天候を取りバナを落としていきます。②はコータスのダイバーン+ゴリラの蜻蛉でダイマしたバナを1ターンで倒していきます。おそらくゴリラの猫があるので素で眠り粉は撃ちにくくそもそもコータスゴリラの並びだと相手からするとダイアース+熱風が安定なのでそこを狙っていきます。

 

 

【成績】

PJNOベスト32

f:id:faitu-poke:20200702175459j:image

ランクマS7 最高23位 レート1903

f:id:faitu-poke:20200702175556j:imagef:id:faitu-poke:20200702175606j:image

 

 

【最後に】

今回はいつものJCSとは違い最初からBO3ということでいつも以上に色んな方にフレ戦をしてもらったり構築のアドバイスを貰ったりと練習に付き合ってもらった方々は本当にありがとうございました!

そしてコロナで全国大会が無くなったのにここまでオンラインで盛り上げてくれたPJNOのスタッフさん達には感謝しかないです。

                  f:id:faitu-poke:20200702175914j:image

そしてPJNOは公式じゃないとはいえ形式的にはほぼ全国大会なのでJCSに挑む時と同じ気持ちでやりましたが結果はベスト32と過去の自分を越えられず終わってしまいました。今回の大会ではストレートで負けることは1度もなく必ず負けている時も1本は取っていたので構築相性などもありますが確実に最後の1戦を詰めていく甘さや連勝していたのに1度負けると流れで連敗するというメンタル面での弱さがあったと思うので8月に行われる公式の大会(日本一決定戦)では最後まで隙を見せず悪い流れに乗らないように勝っていきたいと思います。

 

あと後日3月以前の環境が変わるまでかなり勝てていてINC Febでも使用した構築を載せようと思うのでそちらも見てくれたら嬉しいです。

 

最後まで読んで下さりありがとうございました!